最新情報

採用情報

最新情報

雇用保険料が2段階で引き上げられる!? ~大阪市 本町の税理士通信~

令和4年4月から雇用保険料が引き上げられることが決まりました。


雇用保険料は、毎年度ごとに改定されており、

毎年4月から翌年3月までの保険料率が決定されております。

 

令和4年度の改定では、令和4年4月からの雇用保険料率が

9.5/1,000(改定前:9/1,000)に引き上げられます。

 

保険料率の内訳としましては、

労働者負担が3/1,000(変更なし)、

事業主負担が6.5/1,000(改定前:6/1,000)と

事業主負担分のみが改定されています。

 

しかし、令和4年度の改定は、令和4年10月以降の保険料率が

さらに引き上げられるという2段階での改定があることが特徴と

なっています。

 

令和4年10月からの改定は、労働者負担が5/1,000、

事業主負担が8.5/1,000となり、労働者負担・事業主負担ともに

大幅に引き上げられ、合計で13.5/1,000となることになっております。

 

この大幅な保険料率の引き上げの背景には、新型コロナウイルスの

感染拡大の長期化に伴う雇用調整助成金などの支給増加により

財源が逼迫していること、雇用保険の積立金が底をつく見通しである

ことなどがあるようです。

 

また、大きな特徴となっているのが、4月と10月の2段階での

引き上げ改定で、4月の改定では事業主負担分のみ、10月の改定では

労働者負担・事業主負担ともに引き上げられることです。 

 

令和4年度の労働保険年度更新の際の雇用保険の概算保険料の算定も

2段階で計算することになり、さらに、毎月の給与計算においても、

4月から9月分の計算では変更はありませんが、10月分以降の計算を

行う際には雇用保険料率の変更が必要になります。

 

例年にない2段階での保険料の改定、そして、例年にないタイミングでの

保険料率の改定がありますので、今年度の雇用保険には注意が必要です。

 

税務調査・事業継承・家族信託・財務支援・業務改善なら、税務会計のプロ
大阪市中央区のゆたか税理士法人まで

最新情報 最近の記事一覧

2022.11.29
税金がスマホアプリで決済できる!? 国税の「Pay払い」スタート! ~大阪市 本町の税理士通信~
2022.11.22
副業・副収入がある方の確定申告のポイント! ~大阪市 本町の税理士通信~
2022.11.15
事業計画作成のすすめ  ~大阪市 本町の税理士通信~
2022.11.08
「ふるさと納税の季節がやってまいりました!」~大阪市本町の税理士通信~
2022.11.01
年末調整の季節になりました ~大阪市 本町の税理士通信~
2022.10.25
副業収入の所得区分について②
2022.10.18
ホームページ用撮影会と歓迎会 ~大阪市 本町の税理士通信~
2022.10.11
お客様を百年企業に! ~大阪市 本町の税理士通信~
2022.10.04
税理士事務所が取り組むDXの将来 ~大阪市 本町の税理士通信~
2022.09.29
相続不動産登記の義務化と相続土地を手放せる制度の創設について(第2弾)~大阪市 本町の税理士通信~

ページトップへ