スタッフ日誌

採用情報

スタッフ日誌

新紙幣の導入背景と技術 ~大阪市 本町の税理士通信~

日本では、2024年7月3日に新紙幣が導入されました。
これにはいくつかの背景がありますが
重要なのは偽造されたお金が出回らないようにすることです。
万が一、偽造されたお金が広く出回ると、
手に取ったお金を信用できなくなったり被害を受けたりしてしまいますので
それを防ぐためにも概ね20年ごとに新技術を用いた紙幣が発行されています。

今回発行されました紙幣の新技術には
ホログラムの採用、微細な印刷技術、特殊インクの使用、紙幣表面の凹凸が採用され、
それぞれ技術は下記とおりです。
・ホログラム
 角度を変えると異なる絵柄が見える3Dホログラムが採用されており、
 偽造が非常に難しくこの技術の銀行券への採用は世界初です。

・微細な印刷技術
 お札を傾けると、裏面に「NIPPON」の文字が現れ、
 左右両端の余白部分にピンク色の光沢が見えます。
 また、微小な文字が印刷されており、
 カラーコピー機などでは再現が困難な技術です。

・特殊インクを使用
 光の当たり方や見る角度によって色が変化し、
 表裏の図柄の一部が発光する特殊発光インクが使用されています。

・紙幣表面の凹凸
 目の不自由な方が指で触って識別できるよう
 触ると感じる凹凸が券種それぞれに付与されています。
 券種ごとの凹凸の場所は次のとおりです。

 新千円札には表面の右上及び左下
 新五千円札には表面の上下中央
 新一万円札には表面の左右中央


私たちの生活と密接に関わりがあるお札が、より偽造しにくく、
より識別しやすいものに生まれ変わりました。
また、これまでのお札も引き続き使用できますので、
「これまでのお札が使えなくなる」などといった詐欺行為には十分に注意しましょう。


税務調査・事業継承・家族信託・財務支援・業務改善なら、税務会計のプロ
大阪市中央区のゆたか税理士法人まで

スタッフ日誌記事一覧

2024.07.09
新紙幣の導入背景と技術 ~大阪市 本町の税理士通信~
2024.06.18
6月分の住民税がゼロ!? ~大阪市 本町の税理士通信~
2023.10.04
「インボイスの特例まとめ」~大阪市本町の税理士通信~
2023.09.27
令和5年分確定申告におけるマイナポータル連携とe-Taxの機能追加について ~大阪市 本町の税理士通信~
2023.09.13
「高い顧問料と安い顧問料、どっちの会計事務所を選ぶ!?」 ~大阪市本町の税理士通信~
2023.08.29
不動産賃貸業の水道光熱費の請求について ~大阪市 本町の税理士通信~
2023.08.22
システム導入に関する相談が増えています! ~大阪市 本町の税理士通信~
2023.04.11
子どもや孫に負担をかけないための「墓じまい」について ~大阪市 本町の税理士通信~
2023.03.28
賃上げすると税金はどうなる!?」~大阪市本町の税理士通信~
2023.03.22
「中小企業の残業代がアップ!?」~大阪市本町の税理士通信~

ページトップへ