最新情報

採用情報

最新情報

早期経営改善計画~税理士通信~

早期の経営改善計画策定費用の2/3を国が支援

今回は中小企業庁が行っているサポートの一つ、早期経営改善計画について
ご紹介します。

早期経営改善計画とは?
本事業は、資金繰り管理や採算管理などのより基本的な内容の経営改善の
取組を必要とする中小企業・小規模事業者を対象として、認定支援機関が
資金実績・計画表やビジネスモデル俯瞰図などの早期の経営改善計画の
策定を支援し、計画を金融機関に提出することを端緒にして自己の経営を
見直し、早期の経営改善を促すものです。中小企業庁では、各都道府県の
経営改善支援センターを窓口として、この早期経営改善計画策定支援に
要する計画策定費用及びモニタリング費用の総額について、
3分の2(上限20万円)を補助しています。

早期経営改善計画を行うメリットは?
・経営の見直しによる経営課題の発見や分析ができる
・資金繰りの把握が容易になる
・条件変更等の金融支援を必要としない、自社の状況を客観的に
把握するための計画
・計画策定をするための費用の2/3(上限20万円まで)
補助金がでる。
・計画策定から1年後にフォローアップで進捗を確認

費用のモデルケースは?
・総額30万円(補助金20万円)、うち計画策定費22.5万円(補助金15万円)、
モニタリング費7.5万円(補助金5万円)。
モニタリングについては、計画策定後1年を経過した最初の決算時に
1回実施することを想定。

補助金を受けながら、財務改善、成長力強化を図る事業計画が
作成できますので、ぜひ、ゆたか税理士法人にご相談ください。

詳しくは中小企業庁をご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2017/170510kaizen00.pdf

最新情報 最近の記事一覧

2019.01.15
新税金創設~税理士通信~
2019.01.11
2019年の祝日・休日~税理士通信~
2018.12.18
住宅ローン控除等の誤り ~税理士通信~
2018.12.17
●年末年始休業日のお知らせ●
2018.12.11
早期経営改善計画~税理士通信~
2018.12.04
カウントダウン開始~年末調整本番! ~税理士通信~
2018.11.20
レクリエーション~税理士通信~
2018.11.13
ふるさと納税制度の見直し検討へ~税理士通信~
2018.11.06
所得拡大促進税制の改正~税理士通信~
2018.10.23
スマート申告が始まります!~税理士通信~

ページトップへ