最新情報

採用情報

最新情報

QRコードによるコンビニ納付~税理士通信~

平成31年1月4日より、税金の納付について、
「QRコード」を利用した、コンビニ納付がスタートしています。

パソコンやスマートフォンなどで作成した「QRコード」を基に、
コンビニエンスストアの端末で納付書を出力し、
その場で納付することができるようになりました。

ただし、納税額は30万円以下が対象となり、
現金でしか納付できないので注意が必要です。

QRコードの作成方法については、下記の2つがあります。
①国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を利用して作成する方法
②国税庁ホームページの「コンビニ納付用QRコード作成専用画面」で作成する方法

②の方法では、複数のQRコードを作成することも可能となっており、
例えば納付税額60万円であれば、
30万円のQRコードを2つ作成することができるようです。
 
利用できる税金の種類は、基本的には全ての国税ですが、
所得税徴収高計算書により納付する源泉所得税については、
毎月納付する源泉所得税は対象外となっています。
また、地方税(法人事業税等)には対応していません。

さらに、現時点ですべてのコンビニが対応しているわけではないので、
事業所等から一番近いコンビニが非対応の場合もあるかもしれません。

詳細は下記の国税庁HPをご確認ください。

https://www.nta.go.jp/taxes/nozei/nofu/conveni_qr_nofu/index.htm

時間を気にせず納付できるというメリットはありますが、
地方税に対応していないことなど、まだまだ使い勝手が良いとは言えません。
今後のさらなる利便性アップに期待したいですね。

最新情報 最近の記事一覧

2019.08.09
<夏季休業日のお知らせ>
2019.07.30
すべての地方公共団体が電子納税に対応 ~税理士通信~
2019.07.23
短期払のがん保険等の取扱いについて ~税理士通信~
2019.07.16
令和元年の路線価が公表されました! ~税理士通信~
2019.07.03
改元に伴う源泉所得税の納付書の記載方法について~税理士通信~
2019.06.25
納期の特例 半年に1度の納付お忘れなく! ~税理士通信~
2019.06.18
胡蝶蘭~税理士通信~
2019.06.14
【融資相談】一日公庫を開催します!2019年7月【大阪】
2019.06.11
消費税率引き上げに伴うポイント還元制度~税理士通信~
2019.05.28
個人住民税の特別徴収 ~税理士通信~

ページトップへ