最新情報

採用情報

最新情報

年末調整の準備~税理士通信~

早いもので、10月も半ばを過ぎ、
皆様のご自宅にも、生命保険料の控除証明書や
住宅ローンの借入残高証明書などが届き始めていると思います。

これらの書類は、年末調整(や確定申告)をするために必要な書類ですので、
誤って捨ててしまわないよう、ご注意ください。

サラリーマンの多くの方にとって、年末調整は毎年行っているものですが、
中には詳しく知らない方も多いかもしれません。

まず、個人の所得には所得税がかかります。
所得税の原則は、確定申告をして税金を計算・納付します。

しかし、給与をもらっている方は、毎月の給与から所得税が天引きされていて、
その天引きした所得税は、会社が代わりに税務署に納付しています。

年末調整とは、会社が従業員の1年間の給与から正しい所得税を計算し、
すでに給与から天引きしている所得税額の合計額から
精算する仕組みです。

したがって、サラリーマンの方の多くは年末調整で納税が完結するので、
確定申告をする必要はありません。

現在、届いている証明書がないと控除ができず、損することになりますので、
ご自宅に届いた証明書などは忘れずに会社に提出しましょう。

ちなみに、私は資料が届くたびに一つのクリアファイルに保管し、
全て集まったら会社に提出するようにしています。

最近では、年末調整の手続きをネットで完結できるようにする方針が
議論されており、証明書等が電子化される日も近いかもしれません。

最新情報 最近の記事一覧

2018.07.17
平成30年分の路線価~税理士通信~
2018.07.10
事業承継補助金 M&Aタイプ 応募スタート~税理士通信~
2018.06.26
行政のシステム時間、元号から西暦に移行~税理士通信
2018.06.19
お給料計算にご注意ください~住民税の新年度~税理士通信~
2018.06.12
収入印紙のデザインが変わります! 特殊インキなどで偽造防止~税理士通信~
2018.06.05
第68回税理士試験~税理士通信~
2018.05.22
出国するだけで税金が!?(国際観光旅客税)~税理士通信~
2018.05.15
会社の目的はお金を残すこと~税理士通信~
2018.05.08
遺産整理業務について~税理士通信~
2018.04.27
速報!事業承継補助金~税理士通信~

ページトップへ